Text Size : A A A
朝、みそ汁を作ろうと小鍋を手に取ったとたん、
今日はお弁当が必要な曜日だと気が付いた。

慌てて準備して事なきを得たが、
幼稚園に子供たちを通わせて6年目くらいかしら、
ギリギリまで全く頭から消えていたのは初めてだった。

それ以外にもぼんやりしていることが多いので、
今日は入っていた用事をやめて、落ち着こうと思った。

昨日、娘と同じクラスのお子さんのママが、
突然、亡くなったという知らせを受けた。
先週末に倒れて、そのままとのことだった。

私自身は2、3度言葉を交わした程度の親しさだったが、
故人と仲の良かったお母さんから、動揺して電話がきた。

悲しいと思うことは大切だけど、日々の暮らしは淡々とね。
そんな助言じみたことを私は言いながら、
大きな災害が起こった時の心構えみたいだなぁと思った。

たぶん、亡くなった方は、私より年が若い。
自分と年齢が近い人の死は、意外に感じる分も、ショックを増すのだ。


空けた時間でブログを書こうとして、
パソコンを開いたけれど、思うように手が動かず、
昨年、一昨年の同じ月、過去の私は何をやっていたかと読み返した。

すると日常の記録とともに時折、
Tちゃんのことを振り返り、振り返りする様子が残っていた。

私も、Tちゃんのお母さまから、
彼女がもう長くないという電話をもらったとき、
わんわん泣いて、自分の母親に電話した。

そのとき、母が何を言ってくれたのかは、覚えていない。
でも、気持ちを聞いてくれる相手がいること、
それこそが有り難かったのだ。