Text Size : A A A
深夜アニメで、ルパン三世の新作がやっていた。
30年ぶりとのこと。

まずは、とっつあんの声が違うことを思い、
ストーリーや絵柄を目で追いながら、見ている間ずっと、最後まで、
どこかでキャラクター達の声に意識を置いていた。

独身の30代男性が我が家に遊びに来たとき、
子ども達が見ていたテレビのドラえもんに、
違和感があると言っていた。

私たち夫婦も最初こそ のぶ代さんを恋しがっていたけれど、
もう慣れてしまったのだ。

何の作品だったか忘れてしまったが、最近、古い映画を見ていて、
アテレコが山田康雄さんだと気づいて嬉しくてたまらなかったっけ。

深く深く脳内に刷り込まれている声の威力たるや、そして、
それを越えるべく新作に挑む意気込みもまた素晴らしい。