Text Size : A A A
娘にせがまれて、ひざの上に彼女を乗せてブランコを漕いだ。
座る部分がゴムなので当たりが柔らかくて良いけれど、
なぜか収まりが悪いと理由を考えたら、私のお尻が大きいからだった。

公園のブランコに揺られる姿は子供に限らず、
青春まっさかりの学生同士が恋を語り、悲哀に満ちた老人が歌を口ずさむ。
色んな場面があるけれど、体や心に年輪は刻まれて、座り心地も違うのだな。