Text Size : A A A
星野源の新譜を買った。

発売前から気になっていたけれど、
ラジオ等でしか聴いたことがなかったし、
自分に合わない“外れ”だったらイヤだなと躊躇していた。

CDショップに行ったとき、化粧品のCMで使われた
「夢の外へ」をヘッドフォンで試し聞きした。
CMでは曲の提供だけでなく、「優しい声」を買われて
彼がナレーションも担当したと何かで読んだ。

確かに声は素敵だけれど 好みという程でもなく、
旋律や歌詞にも、決め手がとなる特徴が私には見つけられない。

でも気になる。
倹約を旨とした損得勘定は脇へ置き、
今回は連れて帰る理由をそこに求めよう。

Tちゃんなら、星野源についてどう語るだろう。
音楽に詳しかった、亡くなった友人を思い描きながら、
自宅のCDプレーヤーのスイッチを押す。

店舗で聴いたときも、彼女を思って泣きそうになった。
そうして心の奥底に触れてくるのが「優しい」のなせる技ならば、
毒にも薬にもならなさそうな振りをして、強力な武器だなぁ。