Text Size : A A A
Img_64b9d21f61baf98626615d5f21d95a76f98bafdd
有川浩の「図書館戦争」シリーズと
「三匹のおっさん」を読んだ。
真っ当な人間が登場するな~という印象を受けた。

私には「真っ当な人間」は気持ち良いが、そう思わない人もいるだろう。
そもそも「真っ当」とは どんなだと考え、
「過ちを心から謝り改めることができる」を条件の一つに挙げた。

往生際の悪い大人が目につくからな、今。
「うどん」「芋けんぴ」「アンパンマン」「食べたいの〜」…

最近、息子が叫んだり呟いたりした寝言だ。
幸せそうで良かった。