Text Size : A A A
Img_56ed96d318308a59883d2657c8d9f6695196c2e3
赤ん坊と日々 付き合っていると、
大人の思惑どおりに行かず苛立ちもする。

息子は身体が丈夫でたいてい上機嫌と、まことに育て易い。
それでも眉間にシワが寄り、たまに大声で叫びたくなる。
お母さんの苛立ちが伝染するんですよ、
と育児書や専門家は語るが、マリア様も時にはキリキリしたと思うぞ。


親が子を手にかける事件の報道を見ていると、
「我」や「女」を優先させて「母」を放棄するケースもあれば、
紙一重で起こる場合もあるように感じる。

私は息子が生後まもない頃、あんまり眠らないので
「壁に頭ぶつけて気絶させたろか」と考えたことがあった。
思っただけで、やらなかったけど。

例えば未来の私が事件を起こしたら、この記事は裁判の材料になるだろうか。
気の迷いを持つことすら責めるのは、子育てを追い詰めるだけだと私は思う。


最近、夜8時頃に息子とソファーに並んで座ることが多い。
私は本を読み、息子はオモチャで遊んでいると、
いつの間にか息子は眠りに着いている。
一日のうち、最も穏やかで幸せな場面だ。

フワフワの髪を撫でながら、「イライラしてゴメンよ」と謝る。
イライラしないのが目標だけど、こうして波打ちながら日々は進むだろう。
それでいいのだ。

酒を片手に書いたのに、真面目な話になってしまった。