Text Size : A A A
宮古島の方言は標準語よりも語彙が少ないそうだ。
ゆえに感情を込めて、抑揚や強弱の表現が豊かになるとラジオで聞いた。

ザッケローニ監督の一問一答を新聞で読んだ。
「このチームに足りないところは。」との質問に対し、答えは「経験だけだ」だった。
私の頭には、「経験」といえば他に挙がる要素として「才能と努力」が浮かんだ。

でも、どうだろう。
よく出る言葉の組み合わせが真とは限らない。
使い慣れた言葉に流されず、たまに立ち止まってみよう。
語彙の多さが、何かを見過ごすこともある。
Img_f1bd4b9b421c673b1878843ceb6dc4a05feee733
ある家庭内で起きた殺人事件をめぐり、
「告白」と同じく「藪の中」で物語は紡がれる。
一つの事実は光の当て方で姿を変え、幾通りもの真実が出現してしまう。

後味がスッキリするような、しないような。
人って怖いなぁ、家族って危ういなぁと、
普段より夫に優しくなった私だった。
単純。